希望を話し合って結婚式のイメージを固める

ここは譲れない!を出し合おう。

結婚式をすることになると、決めることがたくさんあります。ドレスや着物、食事に引き出物に…と気持ちが逸ると思いますが、実はここを慎重に決めないと、あとでいろんなことが大変になってきます。結婚式を挙げるに当たって、式でどんなことがしたいか様々な細かいことが浮かびますが、新郎新婦二人の結婚式のイメージは意外と違うかもしれません。式場を焦ってすぐに決めるよりも、まずはどんな事がしたいのか二人で話し合う事をお勧めします。特に新婦は新郎に比べて希望が多いと思いますので、しっかりと意見を出しましょう。そしてその中でも特に譲れない!という点をお互いに抜粋します。すると二人が希望する結婚式のイメージが固まってきます。結果的にそのイメージに合う、また希望の事柄が実現できる式場を探すことができます。これを面倒で妥協してしまうと、準備段階で何度も躓いてしまう可能性が高くなります。

どんな雰囲気にするかを具体化しよう。

二人の話し合いにより結婚式のイメージが固まってきたら、そのイメージを見える形で具体化してみるとその後進めやすくなります。例えば雑誌やネットなどで目にした写真や絵など。結婚式そのものでなくとも、花や装飾などでも構いません。テーマカラーや音楽なんかも二人でイメージを共有しておくと、期限内に決めなければならない沢山の事柄をスムーズに決めやすくなります。式場が決まると、プランナーさんと一緒にどんな式にするかを決めていきますが、プランナーさんは色んなアイデアや可能なプランを提示してくれるので、はじめは希望になかったことでも心が揺れてしまうかもしれません。そんな時も、最初に出し合った譲れない点や具体化したイメージを思い返せば、決断に役立ってくれるでしょう。
二人の結婚式が最高の一日になるよう、ぜひじっくりと話し合ってみてください。